美術工芸コース
ホーム > 学校ブログ > 制作&実習レポート > 美術工芸コース > 美術工芸系統 探究授業 「信州ワインサミットin松本の会場に壁画を描く」

美術工芸系統 探究授業 「信州ワインサミットin松本の会場に壁画を描く」

信州ワインサミット実行委員会より松本第一高校 美術工芸コースに2019信州ワインサミットin松本というイベントに大きな絵を描いてもらいたいとの依頼が来ました。昨年度は、本校生徒小林蓮さんが絵を描いて話題を集めました。これからの高校生の学びにおいて探求型学習を進めることが求められています。そういったなか、地域において美術を通して、人、モノを繋げる。生徒一人一人が、状況・条件を踏まえ考えてディスカッションを重ね作品を作り上げていくことは、コミュニケーション力や社会との繋がりを考えるという点でも取り組む意義があり美術工芸系統の授業として実施します。生徒の考えた案や活動、制作過程を記録してポートフォリオを制作し生徒の今後の進路や作品発表に役立てることを考えました。

構想 モチーフ 下書き

下書き 下書き 着色はじめ

着色はじめ 着色はじめ 着色はじめ

信州ワインサミット概要

名称   2019信州ワインサミットin松本

開催場所 松本市中央西公園(花時計公園)松本市中央一丁目

開催日時 2019年6月21日(金)~6月30日(日)

  事業内容 飲料出展(ワイン)…ワイン(長野県のワイナリー)

     飲料出展(他)…自ビール・ドイツビール・カクテル 他

     食事出展…郷土料理・県の特産品を使用した料理・ワイン向け料理

     農産物直売…農産物他

     展示出展…ワインPR他各種展示及び販売・デモンストレーション

ステージイベント…ソムリエ講演、地元演奏家出演、大道芸、エンターテイメント他

出展ブースドリンクブース…ワイン:約50銘柄+ビール・カクテル・その他ドリンク3~5ブース

     フードブース…12ブース

     農産物直売ブース…1ブース

     展示他…1~2ブース

来場者数 20,000人(10日間合計・予測)

主催   信州ワインサミット実行委員会

共催   松本商工会議所 一般社団法人松本観光コンベンション協会 一般

     社団法人松本ユナイテッド

後援   松本市 一般社団法人21世紀ニュービジネス協議会 一般社団法

     人松本青年会議所 松本商店街連盟 信濃毎日新聞社

仕上げ 会場風景 テーマ

作品

松本第一高校

美術工芸系統参加生徒 3年

石倉聡乃 平林槇子 見知果歩 矢島美咲 梶川海友 小林蓮 津金千里

長幅七虹 増本和花奈 由井麻莉菜 以上10名

壁画サイズ 幅 4m80㎝ 高さ 2m40㎝ シナベニヤ(ワインサミット実行委員会指定)

      描く壁画の構想 発想・連想するキーワード

・ワインや郷土料理、特産品を求めて多くの人が集うフェスティバル 訪れるのは大人、若者、子供、観光客、外国人など様々。明るくワインフェスティバルにふさわしい絵画・ワインから発想するイメージ フランス、イタリア、ヨーロッパ、ルネッサンス、ヨーロッパの街並み、ワインボトルの色や形の美しさ面白さ、雰囲気のあるラベル・ワインの原材料は葡萄、赤ワイン、白ワイン・「令和」新しい時代 希望を感じさせるような絵・人と人を繋げるような絵・絵の中に人が参加できるような工夫 

以上のようなキーワードから、ワインボトル、葡萄の房、ラベルにヨーロッパの街並み、レンガ、青い空、色とりどりの風船を組み合わせて描くこととした。前に立って風船を持って絵に参加できる、写真を撮って楽しむことができる絵画(インスタ映えする絵画)

以上のような共通認識を持って共同制作に取り掛かりました。制作をしていくうえで浮かび上がってきた問題、課題をその都度話し合いながら、創り上げていくことを体感し学びがありました。

  

教室(デザイン室)内で作品作り 教室(デザイン室)内で作品作り 教室(デザイン室)内で作品作り

教室(デザイン室)内で作品作り 教室(デザイン室)内で作品作り 教室(デザイン室)内で作品作り

教室(デザイン室)内で作品作り 教室(デザイン室)内で作品作り 教室(デザイン室)内で作品作り

会場に持ち込んで仕上げ 会場に持ち込んで仕上げ 会場に持ち込んで仕上げ

会場に持ち込んで仕上げ 作品 完成

美術工芸コース 一覧