食物科
ホーム > 学校ブログ > 制作&実習レポート > 食物科 > 食物科春の特別授業

食物科春の特別授業

食物科1年特別授業

 通常の授業のカリキュラムでは扱うことが難しい料理を、その道のプロの方から直接学ぶことにより、より幅の広い知識と技術、進路への意識付けを行う。今回は和菓子の授業です。3月14日(火)1~4限に第1・第2調理室を使って、株式会社ミルバルール代表取締役  未来ビジネスカレッジパティシエブーランジェ学科和菓子講師の古川博徳先生から桜餅の授業をしていただきました。

実習のねらいは、さらしあんの扱い方を学ぼう、道明寺粉で作る桜餅を知ろうということで和菓子の基本技術、包館を理解しようという授業でした。

15日はそば打ちの実習を行います。

デモ 完成 包餡

食物科2年特別授業

和食特別講座(日本料理マナー)

 3月14日(火)春休みの特別授業として2年生が「信州浅間温泉 ホテル おもと」にて日本料理のテーブルマナーを実施しました。3年生で学ぶ日本料理への導入として、通常の授業の一環として行いました。

実食中 前菜 料理長倉科さんの話

食物科 一覧