第一高校だより
ホーム > 学校ブログ > 第一高校だより > 中信美術展での石倉さん(2年美工)の受賞作品がスズキ・メソードのHPで紹介されました。

中信美術展での石倉さん(2年美工)の受賞作品がスズキ・メソードのHPで紹介されました。

本校HPの新着情報にて2019.01.08に公表させていただきました『(美術工芸コース)第71回中信美術展(2019)入賞・入選作の紹介』のうち、「才能教育研究会賞」をいただきました石倉聡乃(さの)さん(美術工芸コース2年生)の工芸作品が、スズキ・メソード(Suzuki Method、団体名「公益社団法人才能教育研究会」)のHPで紹介されています。

 皆様もご存知の「スズキ・メソード」の紹介から。

 「スズキ・メソード」とは、ドイツで学んだヴァイオリニストである故・鈴木鎮一(すずき・しんいち)氏(1898・10・17 – 1998・1・26)(愛知県名古屋市生まれ)が創始者となり、1946年(昭和21年)に、この地、松本市に「松本音楽院」を設立したことが出発点であります。1948年(昭和23年)には「才能教育研究会」となりその教育法は「スズキ・メソード」として世界46の国と地域、40万人の生徒が学ぶほどに発展しました。鈴木鎮一氏没後も薫陶を受けた後継者に受け継がれ、現在でも本部拠点は松本にありこれが「楽都・松本」の象徴ともなっています。

 そのHPで月1回掲載される『月刊Webマガジン Monthly Suzuki』に、石倉聡乃さんの工芸作品が紹介されました。石倉さんの受賞作品に対する着想、願いがつづられています。是非、ご覧ください。

 本校は、スズキ・メソードが毎年夏に開催する「夏期学校」の会場となることもあり、全世界から来日された子どもたちの音楽教育にも協力しております。

 不思議なご縁ですね。

 <スズキ・メソード HPサイト>

http://www.suzukimethod.or.jp/

 *石倉さんの受賞作品紹介記事は

clip_image002

 をクリックしてください。

第一高校だより 一覧