第一高校だより
ホーム > 学校ブログ > 第一高校だより > 2年生の主権者教育-模擬選挙が行われました。

2年生の主権者教育-模擬選挙が行われました。

2学年で、ずっと行われてきた主権者教育。昨年の参議院選挙を題材にした、模擬投票が行われました。松本市の選挙管理員会の協力のもと、本物の投票用紙、ソフトを使って、(もちろん投票箱も、投票用紙の交付機も本物、記入のための場所も本物、極力、本物の投票所に合わせて)行われました。生徒たちは、事前のマニフェストなどを参考に進研に投票していました。本校では、先々週位から、インフルエンザが猛威を振るっており、学級閉鎖などもあって、一週間延期されましたが、それでも、インフルエンザ等での欠席者も多く、投票率は、81.95%でした。結果は第7回目の主権者教育のための学年集会で報告されました。実際とはかなり違う結果に驚きました。先生方、開票をしてくれた模擬投票選挙管理委員会の皆さんお疲れ様でした。今後も主権者教育は続きます。3年生(18才)になって、選挙があった時には、ぜひこの経験を活かして、主権者としての役割を果たしてほしいですね。

選挙区選挙 選挙区選挙 投票用紙の交付 比例区選挙

第7回主権者教育の様子

投票率・結果の発表 主権者教育の様子 開票結果の発表

第一高校だより 一覧