卒業生インタビュー

普通科 美術工芸コース 卒業生

青木 絵里 さん

愛知県立芸術大学合格!自分が満足できる表現をみつけたい

青木 絵里 さん

絵画や陶芸、金工、染織、イラストなど美工コースには経験できるものがたくさんあり、触れてみて初めて分かる美しさを感じながらの高校生活はとても充実していました。放課後は美術室で絵を描いたり、先生からアドバイスをもらったり、友人たちと美術について話したり。素敵な先生や仲間に恵まれ、自由に発想し、好きなことを好きなように表現できる中で、自分のやりたい事が見つけられる貴重な時間でした。
大学では4週間にわたって自由に自分の表現を追求できる「自己表現としての絵画を考える」という課題があり、コンテパステルやパステルを使ってモデルさんの身体と顔の表現の追求に挑みました。4週間もあれば表現を掘り下げられると思っていたのですが、満足には至りませんでした。その代わり、どこまで描けば自分は満足できるのかを見つける目標が見つかりました。将来は分かりませんが、これからも、どんな環境にあっても絵は描いていたいと思います。

卒業生インタビュー 一覧