卒業生インタビュー

普通科 美術工芸コース 卒業生

大池 由希也 さん

何事にも積極的に挑戦しています

大池 由希也 さん

炎に熱されて黄色かった塊が、炉から出すとオレンジ色に変わり、それから透明に近づいていく―大学で初めて制作したガラスの美しさにすっかりハマっています。こうして素材の魅力にひかれるのも美工コースで陶芸の土や金工の金属など、さまざまな素材に触れる実習が多かったからこそ。今はガラスが人の生活にどんな感動を与え、そして自分が将来どんな活躍ができるのかを考えながら摸索する日々。何事にも積極的に挑戦しています。

多摩美術大学 美術学部工芸学科

卒業生インタビュー 一覧