卒業生インタビュー

食物科 卒業生

宮坂 香里さん

ホテルおもと 調理師

宮坂 香里さん

旬の素材を使った料理を作り、季節を感じる器に盛り付ける―和食の仕事に就いてから、その土地の旬を表現できる世界に、ますます魅了されています。

「きれいで美味しい和食が作りたい」と進学した食物科。実は卒業後に就職か進学か迷っていた時、進路相談の先生から「和食を学には最適」と今の職場を紹介していただきました。

今は仕込みの仕事が中心ですが、親方は大型の魚をおろすなど技術的な事にも積極的に挑戦させてくださるので、毎日が充実しています。

仕事の合間を見て、今でも母校の吹奏楽部には顔を出しています。仲間や聴衆のことを思って演奏するのは、同僚や食べる人を思って作る料理の世界も同じ。高校時代に大切な事を学んでいたとつくづく思います。

卒業生インタビュー 一覧