卒業生インタビュー

普通科 総合進学コース 卒業生

宮坂 萌子 さん

大学で視野を広げて、伝える立場になりたい

宮坂 萌子 さん

高校の授業で日本の食料自給率の低さを知り、進路を選択しました。「アフリカ農業論」など勉強が専門的になっていくほど、高校での基礎の大切さを実感します。なかでも毎週のように提出するレポートでは文章を書く機会が増えるので、高校時代から自分の意見や考えを持ち、本を読んだり文章を書いたりする事が良いと思います。読書の大切さも実感。基礎は高校の学習です。

新たな事にも挑戦しています。勉強では「農村経済論」です。いずれは過疎地域の振興にかかわり、教職など伝える立場となりたいので、さらに専門的に学び、追究したいと思っています。

また部活では社交ダンス研究部に入り、新しい世界の魅力を楽しんでいます。大学で最も大切なのは自主性。勉強も部活も自ら学ぶよう、日々努力しています。

東京農業大学 国際食料情報学部 食料環境経済学科

卒業生インタビュー 一覧