制服紹介

毎日着るからこだわりたい、コーディネイトも楽しみたい!
松本第一高校の制服

制服紹介

  • ブレザー

    ブレザー
    • 「一番深い重厚な黒」。深みがある反面、シャキッとして見えます。
    • シルエットは「スッキリ」。深い黒とともにシャープな印象。
    • ポケットはちょっと変わった「3つポケット」
    • ボタンは「3つボタン」。模様はオリジナルデザイン。
    • エンブレムワッペン(左胸)は黒ブレザーに合う銀系。
    • ウール80%混で温かく、ちょっとした撥水、防汚効果もあります。「PREMIO 80」という最新・最高品質の生地です。
  • スラックス

    スラックス
    • 根強い人気で渋めの「濃グレー×薄グレー」のチェック柄。夏用も同じ柄です。
    • 夏、冬共にウール混で、(夏用スラックスは夏仕様ウール) しっかり丈夫。洗濯しても型崩れせず、折り目もシャキッとしっかり。
  • スカート

    スカート
    • 冬用の「赤地×紺・黄のチェック柄」は、女子生徒に大人気。冬用なのでウールが多めに編み込まれています。生地も丈夫です。
    • 夏用スカートは、「白地×青のチェック柄」です。夏の暑さの中でも涼しげでさわやかな印象です。
    • オプションスカートは、「緑地×白のチェック柄」です。冬用よりも生地を薄く、夏用よりも厚く作ってあります。春や秋の端境期にちょうどいい厚さです。
    • 4月・10月・1月は必ず「赤」、6月は必ず「白×青」と定められています。どれを着用してもいい期間もあります。
  • ネクタイ

    ネクタイ
    • 【A】は冬用ネクタイ。スラックスとブレザーに合うよう、伝統的な「赤×紺のストライプ柄」を採用しました。
    • 【B】はオプションネクタイ。赤をベースにしたストライプです。しっかりした赤のベースに白と紺を乗せました。
    • 【C】はオプションネクタイ。近をベースにしたストライプです。赤と白のラインがさわやかなアクセントになっています。
  • 蝶タイ

    蝶タイ
    • 【A】は冬用蝶タイ。模様なしで、4月・10月・1月は赤スカートとセットで必ず着用します。
    • 【B】はオプション蝶タイ。青色の模様なしです。暑い季節でも首元がさわやかな印象になることから、ほとんどの生徒が購入しています。
    • 【C】はオプション蝶タイ。緑色の模様なしです。オプションスカートの「緑地×白」を購入する場合には必ずセットで購入してください。
  • セーター

    セーター
    • 本校の生徒はみんなこの黒セーターが大好き。Vネックで首元もすっきりし、ブレザーの下に着ても窮屈にならないよう、ちょうどいい厚さに折ってあります。
    • 電車内や教室の冷房対策のために、夏も持ち歩く女子生徒もいます。
    • セーターの手首部分が机の角にあたってほつれることがありますが、販売店の井上さんにお願いして、300円程度で直してくれます。補修してもらっている間は同じサイズのセーターを無料で貸し出します。
  • Yシャツ・ブラウス

    Yシャツ・ブラウス
    • 夏用の半袖は「アウトイン」といって、裾が水平にまっすぐのカットになっています。スラックスやスカートの中にいれてもいいし、出してもいいから快適です。
    • 男子の長袖は「レギュラー」といって、裾が丸いラインでカットされている普通のタイプです。
    • どちらのYシャツも、第1ボタンをはずしても胸元がはだけすぎないように配慮して、第2ボタンが少し上に付いています。
  • ポロシャツ(オプション)

    ポロシャツ(オプション)
    • 暑い夏のため、また動きやすい制服があってもいいのではということで、オプションとしてポロシャツを揃えています。白の半袖と長袖があります。スポーツ系の生徒はこのポロシャツをよく着用しています。

どれを組み合わせても調和がとれるデザインと配色

購入時には高価な出費と感じる方が多いですが、3年間を私服で通学する場合の出費と比較すると、かなり経済的であることが統計で出ています。また、本校では登下校用のローファー(男子は黒、女子は黒か茶)、男子のベルトは黒か茶の革製か合皮製とさだめています。松本第一高校の制服は、長野県内で最も格調高く、かつ上品な制服です。他校では感じることができない爽快感と満足感を、校風でも制服でも感じてください。