第一高校だより
ホーム > 学校ブログ > 第一高校だより > スケアードストレイト交通安全教室

スケアードストレイト交通安全教室

5月26日(金)2.3限にクレイアリーナにて本校生徒・教職員向けにスケアードストレイト交通安全教室が開かれました。

スケアードストレイトとは恐怖を実感することでそれにつながる危険行為を未然に防ぎ、交通ルールを遵守することの大切さを体感させる教育方法です。事故現場を再現してみせ(スタントマンが実際に車に「ぶつかる.はねられる.巻き込まれる.縦かれるなど)、交通ルールの大切さを学びます。

本校では4年ぶりに松本市のご協力で開催されました。

 学校長挨拶 松本市 交通安全・都市交通課長挨拶 スタントマン(ワーサル)の方々

真剣に見つめる生徒たち めちゃめちゃになった自転車 追突の車に同乗した先生の感想

 ヘッドフォンをつけて運転の自転車事故 説明を真剣に聞きます 子供を乗せた自転車の転倒

自転車の出会いがしらの事故 車に同乗の先生方に感想を聞きます  目の前の事故に真剣に見入っています

生徒たちの目の前で自転車事故 生徒たちの目の前で二人乗り、並列運転自転車 自転車と車の激突、自転車に乗っていた人はボンネットの上へ

生徒たちの目の前で起きる事故 生徒たちの目の前でドアに激突 真剣に見入る

大型トラックの内輪差事故 トラックのしたじきに 生徒の目の前で内輪差事故

先生方の内輪差の体験 体験した先生方 トラックの死角の事故

人を引きずったトラック  出会いがしらの自転車事故 生徒が見守る前で

スタントマンの方からの訴え めちゃめちゃになった自転車を見つめる 目の前の事故に唖然

演じてくれたワーサルの方々のあいさつ スタントマンの方々へ拍手 スタントマンの方々へ拍手 地元テレビの取材を受ける  

進行は松本市交通安全・都市交通課 大野補佐、最後に松本馨察署 交通担当管理官に講評いただきました。

生徒たちは、目の前で繰り広げられる事故の数々にショックを受けると同時に、交通ルール順守の大切さを強く感じたようです。スタントマンのワーサルの方々本当にありがとうございました。

第一高校だより 一覧