卒業生インタビュー

普通科 スポーツサイエンスコース 卒業生

高田 大輝 さん

松本大学総合経営学部観光ホスピタリティ学科

高田 大輝 さん

授業中は携帯電話を回収され、服装は先生のチェックがあるなど、高校時代の思い出は規則が厳しかったということ。それに比べて現在は自由な環境です。

しかし、高校時代に培ったことは今でも習慣として身についていることを実感します。大学でも野球部は制服着用なのですが、やはりキチンと着た方がカッコイイと思いますし、授業に集中することも大切です。高校最後の夏に甲子園まであと一歩だった準優勝も、良い思い出です。冬場の走り込みが効を奏し、”人間力野球”で鍛えられた挨拶や清掃も役立っています。

監督から言われた「強くなりたければ、私生活から見直すこと」―これは今でも心の隅にあります。高校は学校生活でも部活でも成長させてもらった3年間だったと思います。

卒業生インタビュー 一覧